協会について

会長あいさつ

一般社団法人日本エスコフィエ協会会長 福田順彦

現代に生かし、未来へ繋ぐエスコフィエの精神

 このたび、第7代一般社団法人日本エスコフィエ協会会長を拝命いたしました福田順彦と申します。1971年に故小野正吉初代会長のもと出発したこの協会は40年を越える長きにわたって受け継がれてまいりました。これはひとえに会員の皆様の絶え間ないご尽力と探究心の賜物であると確信しております。今ここに諸先輩方を経て譲り受けた襷を手にして、まさに身の引き締まる思いであり、重責を担う覚悟と決意を新たにしております。さて、就任にあたり僭越ではございますが、私が考えるエスコフィエ協会の方針をこの誌面をお借りして述べさせていただきたいと存じます。この協会は、オ−ギュスト・エスコフィエの真髄に基づき、伝統あるフランス料理の継承を目的として運営されてきました。現代社会においては、伝統を堅実に伝承していくことは重要なファクタ−でありつつも、社会情勢、生活環境、嗜好の変化などひとつひとつに対し、柔軟に対応していかなくてはなりません。師エスコフィエ自身が次のように語っています。『社会が変化をしていくのと同じように、料理も時代とともに変わっていくべきである。その時代の習慣やしきたりに則った仕事の進め方を私たち自身で追求しなければならない。』この一節は今から80年以上も前に執筆されているにも関わらず、いま私たちが直面している状況そのものです。「時代の変化に対応して存続できる体制の構築」すなわち未来に向け、伝承と選択を見極め、この協会が如何にして社会に貢献ができるかが、今後の発展に繋がるひとつの鍵であることは間違いありません。進化論で有名なダーウィンの「種の起源」(1859年)においても、『生物は常に環境に適応するように変化し、それにともなって種が分岐して多様な種が生じる。』とあります。人類の生命を繋ぐ“食”を生業としている私たちには、次代への生命の継承のためにも、この「時代に適応した仕事」をすることが求められているのではないでしょうか。また、料理の伝承に欠かすことのできない調理スタッフが現在どの職場においても慢性的な人員不足として問題提起されています。このような厳しい状況のもと、協会の発展と継続において若い人材の育成は急務であります。あらゆる選択の中で広く門戸を開き、育成にも注力をしてまいります。2020年の東京オリンピック・パラリンピックも3年後に迫ってまいりました。世界に通用する料理人の育成、食材の確保、さまざまな国際規格、仕様、ルールの制定など課題は多々ありますが、これを好機と捉え、会員各位の力を集結させて大会を成功に導き、日本エスコフィエ協会として貢献してまいりたいと思います。フランス料理文化の普及に心を砕かれてきた先達の思い、今まさに奮闘されている1,800名を超える現会員の皆様の思いを胸に、全力で会長職にあたる所存でございます。「ともに闘ってきた共闘の時代から、ともに生きていく共生の時代へ・・・」私が常に大切にしている言葉とともに私の就任の挨拶とさせていただきます。
会員の皆様には、尚一層のご理解、ご協力を賜りますよう伏してお願い申し上げます。

ライン