社団法人エスコフィエ協会メールマガジン

メルマガでしか読めないシェフのコラム毎月掲載!今回は東北A地区・石倉委員から「熊の試食会」のお話です。


平成21年母と子のキャンプ、日程決定!

福岡会場:平成21年9月26日(土)開催
淡路会場:平成21年10月31日(土)開催
※御殿場会場の開催日は現在のところ未定

福岡会場、淡路会場とも、野外とはいえ地産の和牛ステーキや
海老のブランケットなどの本格的なフランス料理のメニュー
に挑戦します。薪の火を利用したオーブンなど、キャンプなら
ではの楽しい料理講習です。

TEPCO電化厨房エスコフィエ


IHクッキングヒーター、スチームコンベクションの特性を有効にいかした
利用法が学べます。IHの利用法を研究中の方、導入をお考えの方お気軽にお問い合わせください。

8月のメニュー

  • プレーンオムレツ夏野菜と共に
  • 鶏股肉の網焼きバルサミコ酢の香り
  • かぼちゃ風味のクリームブリュレ


参加申し込み受付中!参加費無料




電化厨房ドットコム

http://denkachubo.com/
訃報劔持恒男名誉会長ご逝去

劒持恒男名誉会長が
平成21年7月19日(日)
午後8時23分ご逝去され
ました。
謹んでご冥福をお祈りいた
します。


料理フランス語通信講座

基礎会話力とルセット
の原文」を読むための専
門講座。プロはもちろん
料理に興味のある一般
の方からも好評!エス
コフィエ協会だから学
べる充実の内容です。

「土地の恵み?熊を村の名物料理に提案」

日本エスコフィエ協会会員 東北A地区委員
株式会社八戸パークホテル 顧問 石倉石三

地元の素晴らしい食材を生かした新しい郷土料理を創作し、それが多少なりとも地場産品の消費拡大や郷土の活性化の役に立つことを目指して、フランス料理をベースに青森県各地の食材をフルコースに仕上げたフェアを行ってきました。20年前から企画を練って取り組んできた試みです。その時、出会った市、町、村の多くの人たち、そしてその土地にしかない食材、昔なつかしい料理、農家の女性たちが販売する真心のこもった野菜等は、この土地ならではの、温かみのある料理の発想に結びついています。

ところで、今回はまた珍しい土地の恵みを料理することになりました。ある町長さんから、「熊が農作物を荒らして困っていると住民から言われ、年に10頭くらい捕獲している。この熊の肉を村の名物料理にしたい」という提案があったので、何種類かレシピを作り、試食会を行いました。伝統的なマタギ料理を参考に、味噌で煮込んだもの、カルパッチョ風に仕立てたもの、中でもうまくいったのは、味噌と赤ワインで煮込んだものでした。都会では考えられない試食会だと思いますが、これも土地柄。まだまだ大自然の残っている青森県。地方で若い人たちの指導にも頑張っております。


  エスコフィエ協会ホームページ http://www.escoffier.or.jp