社団法人エスコフィエ協会メールマガジン

メルマガでしか読めないシェフのコラム毎月掲載!
今回は関西地区・小久江委員から「料理界にも訪れる少子高齢化」へ一言


飽きる子供たちを夢中にさせるために奮闘!

「母と子のキャンプ」9月26日 福岡 夜須高原で開催


協会会員3人のシェフの指導のもと、54名の参加者を迎え開かれた「母と子のキャンプ」。子供たちの年令を配慮してメニューを選び、すぐ飽きてしまう小さな子供たちの集中力をどうつなぐのかを考える、「母と子のキャンプ」では、会員たちに厨房の中とは、また別の手腕が問われるようです。坂本憲治総料理長(福岡サンパレスホテル&ホール)にお話を聞きました!

TEPCO電化厨房エスコフィエ

IHクッキングヒーター、スチームコンベクションの特性を有効にいかした利用法が学べます。IHの利用法を研究中の方、導入をお考えの方お気軽にお問い合わせください。

10月のメニュー

  • プレーンオムレツ
    タマネギのソース マスタードの香り
  • 牛頬肉の赤ワインソース煮
  • りんごとアーモンドのケーキ





今年も小田原市の「板橋秋の交流会」に、協会南関東地区委員6人が参加。恒例の小田原ブイヤベースが提供されます。会員の活動や会の模様は開催後、会報、ホームページでお知らせします。
日時:平成21年11月15日(日) 会場:小田原味わい広場


料理フランス語通信講座

「基礎会話力とルセット
の原文」を読むための専
門講座。プロはもちろん
料理に興味のある一般
の方からも好評!日本エ
スコフィエ協会だから
学べる充実の内容です。


会員レストラン情報

協会ホームページには、
会員の所属するホテル、
レストランオーナーの
個人サイトへつなぐペー
ジを用意しています。会
員の皆様のお申し込み
をお待ちしています!




「フランス料理の業界にも押し寄せる少子高齢化の波」

日本エスコフィエ協会会員 関西地区委員
神戸ポートピアホテル 『アラン・シャペル』エグゼクティブシェフ 
芦屋女子短期大学特任教授
小久江 次郎

神戸市内だけでなく、広く全国的にも通用するハイレベルの技術・技能者として神戸市が認定しているのが「神戸マイスター」です。すぐれた技術・技能者やその職業について広く社会に知っていただくとともに、技術・技能職に携わる方の励みとし、また後進の指導に当ることで、その優秀な技術・技能を将来に伝え、より多くの優れた人材を育てていくことを目的としています。

55職種、約100名の方々がゲストティーチャーとして、後進の育成業界の発展のために活躍していますが、私も平成18年に神戸マイスターの認定を受け、若手の育成に努めています。日本は世界第2位の経済大国とよく言われますが、その背景には、日本人のその器用さ、高度な技術力(ものつくり)と勤勉さにあると思います。マイスターの会合で危惧していることは会員の高齢化と後継者(あとつぎ)不足です。我々の業界も同様、食に携わるあらゆる業種の方々を含め社会的地位の向上、収入増、高い技術の伝承、労働問題と合わせて取り組むべき課題ではないでしょうか。地元の小・中学校で未来の料理人?生徒さんたちと向かいながら、この中の1人でも料理人を目指してくれたらと思います。


  エスコフィエ協会ホームページ http://www.escoffier.or.jp