社団法人エスコフィエ協会メールマガジン

メルマガでしか読めないシェフのコラム毎号掲載!
今回は東北B地区の町田委員から
「郡山に移り早2年、水になじんでこそわかる土地の魅力」のお話です。

さわやかな秋晴れの下、子供たちと和気あいあい!

「母と子のキャンプ」10月16日  
国立淡路青少年交流の家で開催

堀田副会長も参加した今回の「母と子のキャンプ」は藤田理事他2人の協会会員の指導のもと、43 名の参加者を迎え開催されました。火をおこすことも大切な経験、子どもたちは慣れない作業の中で煙にむせながらも料理に挑戦。初めて触れる肉のブロックを焼き上げ和気あいあい、食事を楽しみました。

詳しくはこちらから

2010年度日本エスコフィエ協会総会・晩餐会が開催されました

TEPCO電化厨房エスコフィエ

電化厨房体験セミナー予約受付中

IHクッキングヒーター、スチームコンベクションの特性を有効にいかした利用法が学べます。 IHの利用法を研究中の方、導入をお考えの方お気軽にお問い合わせください。

11月のメニュー

  • プレーンオムレツ
    森のキノコのクリームソース
  • 鯛のチーズとパン粉のクルート仕立て 
    柑橘風味のソース
  • 柿のムース
メニューをもっと詳しく

IH体験セミナー・お問い合わせ

プレーンオムレツピペラードソース
区切り破線

会員の社会貢献活動にご注目ください

今年度のテーマ:第5回エスコフィエ・フランス料理コンクール
決勝課題から学ぶ(2010年11月18日開催)

毎年テーマを決めてフランス料理の基本・古典料理検証などを中心に活動しています。興味がある若い会員の方,または会員が推薦する意欲のある方の参加をお待ちしています。

勉強会に参加希望の方は事前にご登録ください。
詳しくはこちらから
料理フランス語通信講座

「基礎会話力とルセットの原文」を読むための専門講座。プロはもちろん料理に興味のある一般の方からも好評!1月開 講申込みはお早めに!
12月24日締め切りです。

詳しくはこちらから


日本エスコフィエ協会だから学べる充実の内容です。
エスコフィエ協会のサイトであなたのレストランを紹介!

会員の皆様が所属するホテル・レストランサイトへのリンクを掲載し「エスコフィエ協会推薦のおいしいフレンチ」として一般の皆様へご紹介する会員のページが更新されました。登録は無料、相互リンクも募集中、お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちらから


エスコフィエ協会のサイトであなたのレストランを紹介!

シェフのイラスト

ムッシュのコラムーcolumn.

「料理人たるもの行く先々の水に合わねば」

日本エスコフィエ協会会員・東北B地区委員
郡山ビューホテル(株)
取締役総料理長 町田 勇

昨年3月会津方面の山に雪の残る寒い日に郡山駅に着いてから、早1年と8カ月。
春の風と共に桜の便り、驚くことに会津よりホワイトアスパラガス、地元のジャンボ椎茸、マッシュルーム、茄子、ネギ、人参、豚、牛と、郡山ブランドの農産物が、季節ごとに届きます。ここ福島・郡山には海あり山あり、市外に出てみると遠くに見える低い山と広々とした田園風景。歴史を紐解いてみれば、郡山は戊辰戦争後、明治初期に遠く九州、四国、また近隣・各藩の士族が、安積開拓に入植し、不毛の原野開拓に着手した近代農業の発祥の地だそうです。以降140年、先人たちの汗と涙の努力が実り、原野だった地は、現在田畑となっています。区画整理も大正時代から進み、平成17年には郡山市の経営耕作地の面積は県内3位とのことです。
もちろん地産地消に力を入れており、小・中学校では「こおりやま まるごと給食の日」の取り組みが行われています。給食はすべて地場の食材を使用し食と農の結びつきを図り、食育学習を進めています。福島県を南北に連なる奥羽山脈と阿武隈山地の2つの尾根線を境界として「会津」「中通り」「浜通り」の3つの地域(西から列挙)のうち、2つの尾根に挟まれた中間の地域「中通り」を産地とする「中通りあさか米」は、食味ランクAで全国に誇れる米です。食・農・商連携による街づくりと活性化が期待されます。
私の友人でもある地産地消の仕事人(農林水産省認定者)山際シェフの協力、アドバイスをいただきながら旬のものを利用し地元の素材を引き立て、地産地消や郷土料理を研究して理解し、土産土法と伝統食、そして恵まれた食材で地域や大地からの力強さを感じる料理作りをしていきたいと思って頑張っています。


  (社)日本エスコフィエ協会ホームページ http://www.escoffier.or.jp