フランス料理の発展・普及を目指す活動

フランス料理の発展・普及のため、料理講習会や貴重な料理書・資料の収集保存を始め、様々な活動を行っています。

エピキュロスの晩餐会開催のお知らせ 2019 Diner d'Epicure le 28 octobre 2019

1912年、近代フランス料理の祖、オーギュスト・エスコフィエがフランス料理の素晴らしさを知らしむるためにヨーロッパの37都市でディナーの同時開催を始めました。その後大戦などの影響で中断していましたが、2008年からエスコフィエの誕生日10月28日に復活しました。
エスコフィエの料理理念や技術を尊敬する世界の料理長たちがパリ、ロンドン、ニューヨーク、上海、ブエノス・アイレスなど世界中の都市で晩餐会を開催し、多くのお客様が毎年ディナーを楽しみます。
日本でも毎年開催を続けて参りましたが、今年は初めて、日本エスコフィエ協会主催のもとに日本各地、7都市9箇所で同時開催することになりました。
各会場とも協会会員が一夜限りの饗宴を繰り広げます。選りすぐりのシェフ達の渾身の一皿をお楽しみ頂くまたとない機会です。皆様のご参加をお待ちしております。

開催予定

page top